爪水虫の原因はカビの一種、白癬菌

さて、そもそも爪水虫とはなんでしょうか?
爪水虫は別名、爪白癬とも呼ばれるように、白癬菌という真菌(カビ)の一種が爪に感染、寄生して発症するものなのです。

湿度の高い日本では、水虫に悩んでいる人が多いのですが、
実は日本では約1200万人もの人が爪水虫に悩んでいるそうです。

ところで、真菌(カビ)によって生ずる感染症を白癬と呼びます。

皮膚糸状菌(白癬菌)というカビは、その形態から白癬菌属、小胞子菌属、表皮菌属に分類されています。白癬を起こす皮膚糸状菌は世界には40種類以上存在しますが、日本ではこのうちの10種類ほどがヒトに白癬を起こすことが知られています。

代表的なものは足に生ずる白癬で、足白癬と呼ばれていますが、別名、水虫とも呼ばれます。
股にできるのは股部白癬で、俗にインキンタムシとも言われます。また髪の毛に白癬菌が感染したものは頭部白癬で、俗にシラクモと呼ばれます。また爪に感染したものは爪白癬、手に感染したものは手白癬と言われます。

爪水虫でお困りのアナタ!

◆恥ずかしくて素足を見せられない…

◆毎日手足を清潔にあらっているのに…

本当にお困りの方も多いお悩みです。
でも皆さん安心して下さい。

ガサガサ・ゴワゴワの爪水虫を根本から対処する
『クリアネイルショット』がありますよ!

その悩みのタネ、根本から解消したくありませんか?

爪水虫は清潔にするだけではなかなかキレイにはなりません。
分厚くなった爪にはしっかりと有効成分を送り込まなければいけません。

発売前のモニター試験では81%が実感!
1日2回の簡単ケアで安心が手に入ります!

【浸透力特化型】のネイルケア!
『クリアネイルショット』

81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする