爪水虫に効く薬※クリアネイルショットで治す(体験談)

都内の中央沿線で暮らしているサラリーマンの翔太です。

数年前から水虫に悩んでいます。水虫の中でもちょっとやっかいな爪水虫というやつです。

実は、つい最近まで、爪水虫ということがわからずに放置していたのです。別に痒みとか痛みとかもないし、普通に生活できていたことが却ってよくなかったのかもしれません。

右足の親指が最初はちょっと白っぽくなって、だんだんと、爪が厚くなって、内部の方が褐色というか、黒色というか、そんな感じだったのですが、先ほど書いたように、特に痒みとかもないし、そのままにしていました。体の不調があると(たとえば、内臓とか)、爪が変色するとかって聞いたことがあったので、内臓が弱っているのかなって思ってました。実際、お酒の飲み過ぎで、γーGTPの数値は高いのですが‥。

そんなある日、ネットで水虫のことを調べていたら、水虫にもいろいろ種類があるそうで、爪水虫といのが、やはり、爪が変色して、しかも痒みとか痛みとかないということがわかりました。

たとえば、右(⇒)のような写真ですが、これは爪水虫なんです。

で、この爪水虫の治し方をいろいろと調べていたのですが、爪水虫はそう簡単には治りそうにないことがわかりました。

その理由ですが、爪水虫の市販薬とかもたくさん販売されていますが、それらの市販薬を単純に爪水虫の表面に塗っても、薬の有効成分が爪の内部まで浸透しないのです。

考えてみると当たり前のことで、そもそも爪があるのは指先を守るためで、その爪を通して、液が簡単に浸透したり、吸収されたりしたら、爪の意味がありませんよね。

つまり、通常の水虫の薬を塗っているだけではだめなのです。
実際、私も、最初は厚くなった爪水虫の表面から塗っていたのですが、
ほとんど効果がなかったのです。

左の図に、爪の構造を示していますが、この図のように爪の表面は硬いタンパク質から構成されていて、その下に比較的に柔らかい爪床があるのです。

なので、この硬いタンパク質の部分を通過、浸透していくような薬でなければ、爪水虫は完治できません。
そんな浸透力の高い爪水虫の薬はあるのでしょうか?

いろいろ探したのですが、ありがたいことに、世の中には、
この硬い爪を浸透する爪水虫の薬が開発されているのです。

それが、こちらのクリアネイルショットなんです。

↓ ↓ ↓

81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

この薬を使い始めて約1ヶ月になりますが、爪水虫がかなり改善されています。
おすすめの爪水虫の薬です。

私自身の体験談(爪水虫の治し方)については、これから順次、公開していきますが、
自宅で爪水虫を治すのであれば、こうした方がいいという点もいくつかわかってきました。

是非、参考にしていただければと思います。

最低15日以上ご使用いただいてもご満足いただけなかった方については
商品1個の代金(税込)を全額返金するという全額保証制度もあります。
なので、迷っている方も安心して購入できますね。

爪水虫の薬:クリアネイルショットは爪の奥まで浸透!

さて、先ほども書きましたが、
爪水虫の治療はそう簡単ではないのですが、
その原因の一つが 爪の奥まで、薬が浸透しないからなのです。

なので、爪の奥まで有効成分が浸透するような薬が必要になります。
その薬こそが、クリアネイルショットなのです。 実は、爪の表面には新油性の膜が形成されていて、油に馴染みやすいという 性質・特性があります。

⇒ 続きはこちら

クリアネイルショットの成分

爪水虫の薬、クリアネイルショットの有効成分について調べてみました。

クリアネイルショットに含まれる全成分は下記にまとめていますが、
この中で、主成分と呼ばれるものは、


竹酢液、テルピネン-4-オール、シトラール、シトロネラール

これらの成分が足の爪に根深く広がっている悩みの種に働きかけ
清潔に保ちます。また、しつこくカサついた爪をなめらかにします。

⇒ 続きはこちら

【全成分】
水、グリセリン、竹酢液、BG、カルボマー、ティーツリー葉油、スクワラン、アボカド油、水酸化K、フェノキシエタノール、レプトスペルムムペテルソニイ油、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、塩化Na、ダイズ芽エキス、レシチン、アスコルビン酸、パルミチン酸アスコルビル

⇒ ティーツリー葉油(TEA TREE OIL)とは

爪水虫の原因はカビの一種、白癬菌

さて、そもそも爪水虫とはなんでしょうか?
爪水虫は別名、爪白癬とも呼ばれるように、
白癬菌という真菌(カビ)の一種が 爪に感染、寄生して発症するものなのです。

湿度の高い日本では、水虫に悩んでいる人が多いのですが、
実は日本では約1200万人もの人が爪水虫に悩んでいるそうです。

ところで、真菌(カビ)によって生ずる感染症を白癬と呼びます。

皮膚糸状菌(白癬菌)というカビは、その形態から白癬菌属、小胞子菌属、表皮菌属に分類されています。白癬を起こす皮膚糸状菌は世界には40種類以上存在しますが、日本ではこのうちの10種類ほどがヒトに白癬を起こすことが知られています。

⇒ 爪水虫の原因はカビの一種、白癬菌

クリアネイルショット 爪水虫の治療 私の体験談

さて、実際の爪水虫の治療 私の体験談です。

右足の第二指(人指し指)の経過状況です。続きはこちら

●1日目(最初の爪水虫の状況です)

明らかに爪の先端部分が白く濁っていています。
この部分が通常の爪の色に戻るかどうかです。

●10日後

●20日後

クリアネイルショットの口コミ・評判

Aさんの場合(男性、30代)

2か月で爪が健康的になってきた。

きっかけがわからないのですが、1年以上前から急に爪がかさかさしてくすんできました。まさか、自分がと落ち込んでいましたが、クリアネイルショットをすぐに使ってみると、大変塗りやすく、違いを実感できました。

まだ2ヶ月ですが、爪が健康的になったと感じています。
これからも使い続けたいと思っています。

⇒ クリアネイルショットの口コミ 続きはこちら

爪水虫でお困りのアナタ!

◆恥ずかしくて素足を見せられない…

◆毎日手足を清潔にあらっているのに…

本当にお困りの方も多いお悩みです。
でも皆さん安心して下さい。

ガサガサ・ゴワゴワの爪水虫を根本から対処する
『クリアネイルショット』がありますよ!

その悩みのタネ、根本から解消したくありませんか?

爪水虫は清潔にするだけではなかなかキレイにはなりません。
分厚くなった爪にはしっかりと有効成分を送り込まなければいけません。

発売前のモニター試験では81%が実感!
1日2回の簡単ケアで安心が手に入ります!

【浸透力特化型】のネイルケア!
『クリアネイルショット』

81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする